初めて温泉に入った外国人

温泉は日本人独特の考え方のようです。

PAGETITLE
日本には温泉場がたくさんあります。旅行で旅館に泊まるとにまずお風呂と考えるのはおそらく日本人だけではないでしょうか。外国にも温泉と呼ばれるところはあるようですが、それは日本のものとは全く意味合いが違ってくるようです。最近知ったことでちょっと驚いたことがあるのですが、湯という概念は日本独特のものとか。外国では、特に西洋にはそういう言葉はなくて単に水が暖かく、或いは熱くなったものという概念しかないそうです。こういうことをきくと、なるほど日本人と温泉は切っても切れない関係にあるのだなと思われます。

ただ外国にも温泉がないわけではありません。古くは映画にもあったようにローマのカラカラ浴場というものがありました。でもこれは遠くから水道を引き、水を貯めて薪で温めたものであるといいます。これにはおそらくお湯による効能などというものはなかったものと思われます。現代でも西洋にはこういった温かいお湯に入る場所はあるようですが、日本人のようにお湯に浸かるという意味合いはなく泳ぐとか気分的なリフレッシュ効果を求めただけのものであるようです。

そのほかの記事

Copyright (C)2017初めて温泉に入った外国人.All rights reserved.